大学生向けウェブマガジン-ワントゥビ-

学生の学生による学生のためのウェブマガジン。

コラム

「明日やろう」の先送りは、バカげた行為だ

「明日やろう」の先送りは、バカげた行為だ

今日はなんか疲れたなぁ。

レポートやらなきゃいけないけども、明日にしよう

会議の資料作らないといけないけれども、明日やろう

掃除や洗濯しないといけないけれども、明日やろう

こんな経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

しかし、自分でも先延ばしはよくないなぁと感じている人も多くいるはず。

いかに先延ばしにすることがよくないのか、以下で説明していきたいと思います。

明日やろうはバカ野郎

バカ?と言われてあなたならどう思いますか?

先送りについて面白い書籍を見つけたので、引用をして紹介したいと思います。

私たちは先延ばしをするとき、夢の実現に使うスペースを取ろうとしないで、目の前の仕事の処理に明け暮れる。先延ばしは、高級レストランに行ったのにパンでお腹いっぱいにしてしまい、ごちそうが食べられなくなるのと似ている。

せっかく高いお金を払って高級レストランに行ったのに、貧乏性なのかわかりませんが、パンでお腹いっぱいにするなんて、バカげた話ですよね(笑)

でも、明日やろうは、このバカげた行為と同類の行為のなのです。

さらに、読んでいくと、

要は、先延ばしとは、重要な何かを後回しにすることを選ぶ非生産的活動である。常識的な先延ばし人間にとって、「先延ばし」癖を理解することは自分自身を理解することだ。先延ばしするときに実際に何が起こっているのかが分かれば、先延ばし癖の原因もよくわかる。原因を突き止めれば、合理的な防衛手段も講じやすい。

先延ばしは、非生産的活動であるとまで言われています。

引用させて、もらった書籍は以下の書籍です。

この書籍では、先送り癖の克服方法も記載されております。

さらに、この本は、一歩踏み出そうとしたときに、背中を押してくれる書籍です。

先送り癖のある人や、なかなか一歩を踏み出せない方は、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

ベンジャミン・フランクリンから学ぼう

ベンジャミン・フランクリンを知らない人はいるでしょうか?

ベンジャミン・フランクリンは、ウィキペディアによると1700年代のアメリカの政治家、外交官、著述家、物理学者、気象学者らしいです。

詳しく説明すると、長い文章になるので、こちらウィキペディア参照してください。

この人は、以下のような言葉を残しています。

明日やらなければならないことは、今日の内にやってしまうこと。これが人生の秘訣である。

明日の準備は、前日までやりましょうなんて言葉はよく聞きますよね。

しかし、彼は、明日やるはずのことを今日やりましょうと言っています。

そうすることで、人よりも時間をたくさん持つことができますよね。

明日やろうなんてもってのほかですね。

今日できることを 明日に延ばしてはいけない。「いつか」という言葉を使っていては、失敗してまう。成功したいのなら、「今」という言葉を使わなければいけない。

成功とは、人それぞれ描いているものは違うと思います。

しかしながら、だれもが成功したいとは思っているのではないでしょうか。

成功したいなら、先延ばしにしないでできることは、今のうちにやりなさいということですね。

 

彼の書籍で、現実的かつ実用的で若いうちに読んでおいたらこれからの人生役立ちそうな本を紹介します。

この本は、最近、巷ではやっているお金儲けや副業に関する本ではありません。

フランクリン・ベンジャミンのお金に対する考え方と予算の立て方が具体的に書いてあるものです。

ギャンブル性もなく、堅実にお金が溜まる方法など書いているので一度は読んでおきたい書籍の一つですね。

スティーブ・ジョブズから学ぼう

アップルの創業者で有名な彼は、スタンフォード大学の卒業式でこんな事を言いました。

おすすめプレゼンテーションの中に入っているのでぜひこちらもご覧ください。

「今日が人生最後の日だったら」という言葉です。

実際は、英語なのですが、日本語訳すると以上のようになります。

あなたは、「今日が人生最後の日だったら」と考えたことがあるでしょうか。

実は、この言葉の効力は、とてつもありません。

先延ばしにするという発想は、一切なくなりませんか(笑)??

大きな目標を実現させるために、この質問を毎朝繰り返し、その答え(今日やるべきこと)を書き出しましょう。

夢実現のための今日一日のアクションプランを作成し、先延ばしを止めることを始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

明日やろうがいかにバカげた行為かご理解いただけたでしょうか。

なにも、明日やろうを辞めて、世界を変えてくださいとは言いません。

ただ少しでも、幸せな人生を獲得するために、先送り癖の克服したいものですね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)