大学生向けウェブマガジン-ワントゥビ-

学生の学生による学生のためのウェブマガジン。

コラム

多くの大学生が困っている?NHKの受信料の対処方法

多くの大学生が困っている?NHKの受信料の対処方法

NHK

 

この言葉を聞いて、何を思い浮かべるかは人それぞれでしょう。

ある人は、ただのテレビ放送番組の一つ。

ある人は、朝ドラ面白いよね。

ある人は、面白い番組何もやらないよね。

ある人は、テレビ見ないからわからない。

ある人は、受信料とかのうるさい会社。

ある人は、・・・・・・

と、あげればきりがないのではないでしょうか。

 

多くの大学生は、学生になり一人暮らしを初めてする人も多いはず。

そこで、NHKについて思うこと、耳にすることはあまりいい評判ではないことが想像されます。

大学の先輩などからの影響が大いにあるからでしょう。

以下は、NHKの受信料について大学生に向けて述べていきたいと思います。

 

 

NHKの受信料は国民の義務なの?


安心してください。

NHKの受信料は、国民の義務ではありません。

その根拠となるのは、実際に受信機がないとNHKの受信料を払わなくていいからです。

この段階で、国民全体の義務ではないですよね。

大学生は、社会経験が乏しいため、NHKの業者に言いくるめられて契約させられるという話がよくあります。

そのようにならないためには、どうすればいいのかを考えていきましょう。




 

NHKの受信料っていくらなのか?大学生にとっては負担が重いの?


NHKの受信料は、すごくわかりにくいです。

新しい受信料額の設定について

引用元:NHK

一応、クレジットカードで払ったらいくらになるとか、半額負担でいいとかいろいろとありますが、上記が正規料金らしいです。

一人暮らしの大学生には、少し重い負担ですよね。

もう少し詳しくご覧になりたい方は、上の引用元をクリックしてみてください。

NHKの受信料はわかったけど結局のところ払わなきゃいけないの?


テレビや受信機を持っている人は払わないといけないですね。

それは、例え大学生であってもです。

しかしながら、NHK見てないのに受信料はしっかりと払ってね理不尽な要求な気がしませんか(笑)

そのような人は、払う必要がないと個人的には、思います。

(もちろん、しっかりと朝ドラとかNHKにお世話になっている人は、払った方がいいとは思いますが。)

[番外編]大学生のためのNHKの受信料を払わなくてよくする方法


以下は、テレビを持っているけどもNHKを見ていない一人暮らしの大学生に向けて、NHKの受信料回避方法を説明します。

ただし、以下の方法は、自己責任のもとでお願いします(笑)成功しても失敗しても責任は負えませんので(笑)

普通にテレビを持っているけども、NHKは見ていないから受信料を払いたくないなんて言っても払わなきゃいけなくなります。

そこで、一番初めにいうべきことはテレビを持っていませんを一貫して主張しましょう。

一番いい方法は、基本的にインターホンが鳴ってもむやみにドアを開けないことです。

用事がある人は、「宅急便です。」や「お届け物です。」と言ってくれます。

逆に、「すいません。」などと何も要件を言わない人は何かの勧誘である可能性が高いです。

勧誘とは、○○新聞など○○宗教などですね。

話を戻します。

ドアを開けないことがポイントで、ドアを開けてしまうと、なかなかNHKの業者の人が帰ってくれないので十分に気をつけましょう。

「ドア越しにテレビを持っていません。仮に買いましたら、NHKのホームページからお申し込みしますので、もう来なくて大丈夫です。」と伝えてあげてください。

もし仮に、開けてしまったら「テレビを持っていません。」ということを一貫して主張してください。

そして、「そろそろ時間がやばいので、行きますね。」といい、とりあえず家のドアを閉めましょう。(笑)

これで、大体はあしらえるのではないでしょうか。(笑)

まとめ


NHKについて、困っている大学生が多いということを知ったので簡単にまとめてみました。

是非とも、参考にしていただけたら幸いです。


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)