就職で業界選択に迷っている就活生へ


%e3%81%a9%e3%81%ae%e6%a5%ad%e7%95%8c%e3%81%ab%e5%b0%b1%e8%81%b7%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%8b%e8%bf%b7%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e7%94%9f%e3%81%ab%e3%82%a2%e3%83%89就職というものは、就活生にとってもその両親にとっても大きな節目になります。
今の時代は、男が働き、女が家事をやる専業主婦という家庭が少なくなってきています。

原因としては、女性の社会進出が進んだり、男性の収入だけでは生活が苦しかったりと理由は様々あります。
昔は、言い方はよくありませんが、女性は結婚したら会社を退社することが多かったため、どんな会社に入っても問題ありませんでした。一方、男性は、結婚した後は自分と奥さんと子供の分まで養わないといけなかったため一生続けられる職業選択をする必要がありました。

しかし、現代では共働きの家庭そして、結婚しても職場復帰をする女性の数が増えてきているため、男女ともに就職というのは一生の職業になりつつあります。(最近では、専業主婦になりたい女性も増えていますが)。そのため、就活生はどの業界に行けばいいのかと迷うことが多くなってきているのではないでしょうか。
以下は、就職の業界の選択で迷っている就活生がどのように業界を決めればいいのかについて説明したいと思います。

どこでもいいんじゃない/就職で迷っている就活生へアドバイス1


%e3%81%a9%e3%81%ae%e6%a5%ad%e7%95%8c%e3%81%ab%e5%b0%b1%e8%81%b7%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%8b%e8%bf%b7%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e7%94%9f%e3%81%ab%e3%82%a2%e3%83%89いやいや、一生の仕事で就活生にも両親にも節目になるのが就職だと言ってたじゃないかと思いますが、適当な会社に入社しなさいということではありません。

そもそもの話、やりたいことをしっかりと決めて、その通りに就職できる人が世の中にどのくらいいるのでしょうか?つまり、やりたいことを迷わずに決めてその通りに就職できた就活生はとっても幸せなんです。

まずしっかりと理解してほしいことは、会社の良い悪いというものはインターンシップだけでわかるものではなく、会社に入社してようやくわかるというものです。もちろん、すでに入社されている方の話を聞くことはすごく効果的です。

しかし、その人にとってはすごくいい会社に見えているのかもしれませんが、聞いている人がいざ入社したらそんなにいい会社ではなかったと感じることもあると思います。なぜ、このような現象が起こるのかというと、主な原因は、話をしている人と、話を聞いている人とではバックグラウンド(主に今まで経験してきたことや今まで育ってきた環境)が違うということではないでしょうか。

育ってきた環境では、コツコツやることが得意な就活生もいるだろうし、コツコツやらずに夏休みの宿題などを最後の2日とかでまとめてやる追い込みでやってきた人もいます。そうなると、コツコツやる仕事が多い会社では、いつも追い込みで生きてきた人には退屈に感じるかもしれません。

全員が全員、自分に合う会社を見つけて、それを一生の仕事にするということはなく、中には妥協をして今の仕事をしているということを意識しましょう。

関連づけて考えてみましょう/就職で迷っている就活生へアドバイス2


%e3%81%a9%e3%81%ae%e6%a5%ad%e7%95%8c%e3%81%ab%e5%b0%b1%e8%81%b7%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%8b%e8%bf%b7%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e7%94%9f%e3%81%ab%e3%82%a2%e3%83%89どこでもいいじゃないといわれても、やっぱり就職はうまくやりたいとと思うのが就活生の本音だと思います。上記のアドバイス1は気を楽に持ちましょうということです。

話を元に戻しますと、関連づけてとは何という疑問になると思います。関連付けは、「やりたいことが分からなくなった。」、「大学で勉強してきたのはこの会社に入るためだったのかと思うと違う気がするな」と迷っている就活生の大きな助けとなるでしょう。関連付けとは、大学で学んだことや(特に専門分野)やサークル活動、アルバイト経験などが生かせる業界を探しましょうということです。

就活生の直近で濃度の濃いであろう大学時代の経験はきっと就職した職場で大きな力を発揮すると思います。人間はできることは楽しいと感じる生き物だと思うので、やりたいことではなくできるこから就職する会社を決めて楽しい社会人ライフを送りましょうということです。そして、なによりも、就活の目玉行事の面接でも大学生活に取り組んだことは、無理して嘘や作り話をしたり、自分を大きく見せようとする努力をしたりしなくても、すらすら話せるのではないでしょうか。

自分の興味関心だけで業界を決めないで/就職で迷っている就活生にアドバイス3


%e3%81%a9%e3%81%ae%e6%a5%ad%e7%95%8c%e3%81%ab%e5%b0%b1%e8%81%b7%e3%81%97%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%8b%e8%bf%b7%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e7%94%9f%e3%81%ab%e3%82%a2%e3%83%89自分の興味関心は、食べることだから食品加工会社や飲食店で働こうと思った方は要注意です。もちろん、何の業界で働くか迷っていた就活生からはだいぶ先に進みました。

しかし、やりたいことと就職先を安直に結び付けては就職に失敗してします可能性があります。どういうことかというと、まだ実際にどのような仕事をしているのか、現状はどうなのか、そしてその業界の課題はないのか、将来性はどうなのかを調べていないからです。これを調べないで、就職をしてしまうと

「思っていたのと違う」「思っていたより大変だからやめちゃおう」

という状況に陥ってしまうかもしれません。今の時代はありがたいことに、卒業してから3年は新卒扱いをしてくれるため昔に比べたらまだ、いい環境ではありますが、一回就職してからまた就活をすると、正確には第二新卒という扱いになっています。

第二新卒(だいにしんそつ)とは、学校等を卒業して一旦就職したが、短期間(主に1年未満〜3年)のうちに転職を志す者のこと。「第二新卒者」とも称す。

引用元:Wikipedia

そうならないためにおすすめなのが、「業界研究シート」です。知らない方はこちらの記事をお読みください。こちらを利用することで、「なぜその業界に興味を持ったのか」「この会社で自分は何をしたいのか」などを考えることができ、志望動機も明確になり役に立つと思います。

最後に


以下かでしたでしょうか。少しは迷っていることが解決されたらうれしいです。まとめると、「気楽に就活しましょう」、「関連付けで就職する業界を決めましょう」、「興味関心だけで決めないで背景もしらべましょう」でした。