留学は、大学生になった人なら、誰もが一回は考えるのではないでしょうか?

昔は、留学は高価なもので誰もが簡単にいけるものではありませんでした。

それこそ、お金持ちの家庭だけの関心ごとでした。

しかしながら、現在は、大学同士の提携や留学を支援してくれる団体などの台頭により、より身近なものになりました。

ということを、理解したうえで、自分にも関係があるものだと思って読んでいただけたらと思います。

留学になんで行きたいのか

話は、少々ずれてはしまいますが、留学に行く理由は重要なことなので、一番初めに質問したいと思います。

なぜ、大学生になったあなたは、留学に行きたいのでしょうか?

答えは、もちろん人によって違うでしょう。

英語を話せるようになりたいから。

高校生ではなかなか経験できないから、行ってみたい。

知的好奇心。

海外が好きだから。

異文化理解をしたい。

などなど、様々なものがあるのではないでしょうか。

もしかしたら、海外に遊びに行く感覚で留学に行く人もいるかもしれません。

どんな理由にせよ、しっかりとなぜ留学に行きたいにかは明確にしてください。

だから、個人的には遊びに行きたいという理由も全然オーケーだと思いますし、むしろいいと思います(笑)

そして、その明確にした目的をしっかりと達成しましょう!!

世界を知れる/大学生が留学したほうがいい理由1

やっと本題の、大学生が留学をしたほうがいい理由をお話しします。

世界を知ることができる。

世界は、広いです。

様々な人種な人もいますし、様々な文化があります。

若いうち、特に、大学生の時に、海外に行って様々な文化や人に触れるという経験は、一生で一度しかできない貴重な経験です。

大学生になれば、ある程度知識も付き、使えるお金も増えるはずです。

そのお金を、頻繁に飲み会に出席して使うよりも、海外で使うために貯金した方が、今後の人生の糧になり、賢明な使い方のような気がします。

海外の友達ができる/大学生が留学したほうがいい理由2

留学はいろいろな国の人が、留学先にいることが多々あります。

そこで、様々な国の人と仲良くなっておくこといいことがあります。

打算的では、ありますがその友達と仲良くなることで、その友達の国に行けたり、その国の言語を学ぶ意識が出てきたりといいことづくしではないでしょうか。

また、社会に出た時に、あなたが何か会社を興すとなった時を考えてみてください。

外国のその人がいる会社または、その人が興した会社との関係性を築くのは簡単なことだと思います。

あんまり、打算的に友達になることは、個人的におすすめはしないので、しっかりとその人に興味を持って友達になりましょう(笑)

留学先の文化を知れる/大学生が留学したほうがいい理由3

筆者は、1か月くらいアメリカのカリフォルニア州に住んでいたことがあります。

ホームステイでは、ありませんが、初対面の人とルームシェアした経験があります。

その時に、いろいろとルームメイトからカリフォルニア州の文化、(ここまで言ってしまうと結構仰々しいしいものに聞こえますが大したことはありません(笑))を教えてもらいました。

彼らは、もう1年くらいカリフォルニア州に住んでいたので、いろいろ知っていました。

ここでは、書ききれないくらいのことを経験できました。

きっと学生でないと経験できないことも山ほどありました。

また今度、アメリカと日本の違いみたいな形でそれは、シェアしますね。

一つここで、例を挙げると、ホームパーティーでのホストの在り方やゲストとしての在り方などですね。

異文化交流の勧めとしてこちらをご覧ください。

留学先の言語で会話が聞き取れるようになる/大学生が留学したほうがいい理由4

あえて、ここでは留学先の言語でコミュニケーションをとれるとは書きませんでした。

というのは、私が滞在したのは1か月なため、日本人同士のようなコミュニケーションをとれなかったからです。

少し、間があり、多少の間違いはあるものの相手と意思疎通が取れるというレベルまではできたので、そのくらいまではいけるのではないでしょうか。

ただ、学生の誰と留学先で多くの時間を過ごすかによるとは思いますが。

半年や、一年間留学すればコミュニケーションはとれるとは思います。

専門的な会話はできないにしても、世間話程度でした難なくできるようになるかと思います。

一応学生の留学は就活のネタになる/大学生が留学したほうがいい理由5

これは、意外にバカにできないと同時にあまりあてにもできません。

しかしながら、学生時代に留学を経験してタフさや多様性を持っている学生の方が、留学をせずにそのような経験のない学生よりは、面接官の印象はよいのではないでしょうか。

ただ、僕は、私は、大学生の時に留学していましたと、あまり主張はしない方がいいかと個人的には思います。

というのも、学生時代のネタが留学しかない人と思われてしまうからです。

もちろん、1年とか2年行ってきてそれに学生時代費やしたという人は言うべきです。

しかし、1か月とかの語学交流みたいな留学プログラムに行ってそれしか、言えない人の学生人生の浅さを自ら語っているように自分には感じてしまいます。

なので、あくまで留学に行ったのはネタの一つとしてとらえていただけたらなと思います。

まとめ

思いつく限り、大学生が留学に行くべき理由を挙げてみました。

参考になれば幸いです。