大学生になって、初めて親元を離れて社会経験の一環としてアルバイトを始める大学生が多いのではないでしょうか。

理由は、社会経験だけではなく、家計が苦しくてアルバイトをしなくてはいけない大学生、おいしいご飯が出てくるから飲食のアルバイトをする大学生など様々な理由があると思います。

ほとんどの大学生にとってアルバイトは、初めて自分で労働した対価として給料をもらう機会となりとてもいい経験ができるといういい側面を持っています。

大学生になる前は、親からお小遣いという形でお金をもらっていた人が、自分の給与をもらうことによってお金の大切も同時に学べます。

そして、アルバイト先では他の大学の大学生と仲良くなることもあり、きっと活動範囲や交友関係が広がり楽しいキャンパスライフを送ることができると思います。

このように、大学生のアルバイトはよい点を挙げれば、たくさん出てきます。そのため、大学生のうちにアルバイトをすることを、私はオススメしたいと思います。

しかしながら、大学生になりアルバイトをたくさんするともらうお金が、親からもらうお小遣いの額をはるかに超えるお金を給料として受け取り、それに快感を覚える人もいます。

そして、大学生活をアルバイトに費やしてしまう大学生、生活水準が高くなり生活水準を維持するためにアルバイト漬けの大学生活を送る大学生がいるのも事実です。

 

話は変わりますが、大学では、テレビドラマでやっているようにたっぷりと時間がある大学生活を送れる人もいれば、毎日朝から晩まで大学の授業がある大学生など様々います。

しかしながら、一つ言えるのは大学生の時が一番時間があるのではないかということです。

著者は社会人として、会社勤めをしたことがないため、著者の体験からではないです。

著者のたくさんいる社会人の知り合いやその知り合いの友達のリアルな体験談から肌で感じたことです。

もちろん、中には社会人でも学生の時と変わらないくらいの時間があるとか、学生の時よりも時間があるという人もいます。

しかし、平均すると、やはり、社会人になると学生の時の方が時間があるようです。

 

そこで、私が思うことが、せっかく人生で比較的に時間があるこの大学生の時間を有効活用してみてはいかがでしょうかということです。

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」という言葉があるように辛い経験や楽しい経験などさまざまな経験を大学生のうちにしておくことは非常に今後の人生の可能性を広げてくれるのことと思います。

そこで、著者が思う大学生の時に、時間を投資したほうがいいと思うことを以下に紹介したいと思います。

異文化に触れる


%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%88%e6%99%82%e9%96%93%e7%b5%8c%e9%a8%93%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9%ef%bc%95今の時代はすごく恵まれていて、わざわざ海外に行かなくても様々な国からどこの大学も留学生がいると思います。

そういう人たちとたくさん会話をして異文化理解をすることは、貴重な経験だと感じます。

大人になってしまうとそういう機会は格段に少なくなりますし、あっても取引先とかになることが多いと思います。

そうなると、なかなか友達という関係にはなりにくいのではないでしょうか。

たくさんの交友関係を持っておき数人の深い交友関係を持つ


%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%94%9f%e6%99%82%e9%96%93%e7%b5%8c%e9%a8%93%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%88%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9%ef%bc%93社会人になると、どうしても利害関係が生じてしまい純粋な友達は作りにくいという話はよく聞きます。

これは、本当かどうかはわかりません。
しかし、大学生の時に比べれば、友達は作りにくいと思います。大学には勉強しに行っている学生は多いのかと言われると、著者はそうは思いません。

みんなが行っているから自分も行っている。卒業しないといい会社に入れないないから、単位をといるために、こなすために行っている。友達と交流のために行っている。などなどの理由が多いのではないでしょうか。

そうであれば、たくさんの友達を作っておくことをオススメします。ぜひ、いつも同じ人と一緒にいるだけではなく、他の人とも交流してみてはいかがでしょうか。

新聞などを読んで教養を広げておく


%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%88%e6%99%82%e9%96%93%e7%b5%8c%e9%a8%93%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9%ef%bc%92新聞はいろいろな出来事や事件、世界情勢が記載されていて社会常識を身に着ける上では必需品の一つと言っても過言ではありません。

もちろん、新聞の代わりにニュースを見ることもいいことだとは思います。(映像よりも活字の方がいい気は個人的にはしますが。)

新聞を読みなさいとは、昔からよく聞くワードの一つですが、果たしてどのくらいの人が読んでいるでしょうか。

大学によっては、多くの人が読んでいる大学もあるかもしれませんし、あまり読んでいる人が多くないかもしれません。

もしかしたら、実家ではとっていたけれども、一人暮らしになり新聞は読まなくなったという人もいるかもしれません。

実は、今ほとんどの大学の図書館には新聞が置いてあることと思います。

わざわざ自分でお金を出さなくても、新聞を読むことができる環境があるのに、そんな環境を使わないのは勿体ないです。

学校にもしもない場合には、近くの公共施設の図書館にぜひ行ってみてください。きっとあるはずです。

まとめ


いかがでしたか?学生時代の時間の使い方について、少しでも参考になれば幸いです。ほかにも時間の使い方がありますので随時更新していきたいと思います。