大学生の大学生活の中で一大イベントと言ったら、就職活動ですよね。

いや、学園祭という人も、サークルの合宿という人も、大学の授業という人もいるかもしれませんが一生の思い出になる大事な出来事の一つであることは間違いありませんが、就職という基本的には一生付き合うべき仕事ということを考えるとやはり、大学生の大学生の中で就活が大事ではないでしょうか。

その年によって大学生に有利な年と不利な年があるって知ってた?


その年代によって、売り手市場の場合と、買い手市場という場合の二つがあります。

ちなみに、売り手とは大学生のこと、買い手とは企業ということを意識すると以下の文章を理解しやすいかもしれません。

 

売り手市場とは、企業も求人数が多いために大学生に内定がたくさん出る年の就活市場のことです。

つまり、大学生からしたら大変うれしい年ですよね。

しかし、逆に企業からしたらたくさん内定を出しても、大学生が内定を自ら辞退するために確保した人材を確保するために何人に内定を出せばいいのかわからないし、確保できたとしても直前になって大学生が辞退するなどの事態が発生しかねたいため、あまり好ましくない就活市場です。

更に言うと、優秀な人材をどこの企業もほしいけれども、多くの人材を雇わないといけない企業は、じっくりと優秀な人材を選ぶことができないというデメリットもあります。

 

一方、買い手市場というのは、売り手市場と逆で企業の求人数が少ないために大学生にあまり内定が出ない年の就活市場のことです。大学生にとってみたら、残念な年ですけれども、企業にとってみたら大変うれしい年です。

たくさん内定を出さないため、内定を辞退する大学生の数も多くはならないですし、じっくりと優秀で自分の会社にほしい人材をしっかりと選択できるという点で、企業にとって好ましい就活市場です。

自分が就活の年はどちらなのか分析をする(大学生が納得できる就活にするためのアドバイス)


%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%a8%e5%b0%b1%e8%81%b7%e6%b4%bb%e5%8b%95%e3%81%a8%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%81%a8%e7%b4%8d%e5%be%97%e3%81%a8%e5%bf%85%e8%a6%81%ef%bc%93
初めで書いたように、自分が就活するときはどちらの年であるのか知らないことには、対策が立てられないですよね。

売り手市場なら、自分は行きたいけれども、少し手の届かない会社にもエントリーしてみようとか、自分の行きたい業界とは少し違うけれどもここの会社も興味あったんだよなみたいな会社にエントリーしてみてみようと思うかもしれません。

もしかしたら、そういう会社から、内定をもらえるかもしれないと思うとモチベーションも違いますよね。

買い手市場の場合は、厳選して自分が行きたい会社と行けそうな会社のかねあいをみてできる限り、そこの会社の対策を立てるのではないでしょうか。

このように、自分の就職の年がどちらなのか事前にわかっていることは大変有効です。

自分が納得する会社から内定を貰うまで続ける(大学生が納得できる就活にするためのアドバイス)


%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%a8%e5%b0%b1%e8%81%b7%e6%b4%bb%e5%8b%95%e3%81%a8%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%81%a8%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%a8%e7%b4%8d%e5%be%97これは、一見すると当たり前じゃんと思うかもしれないし、そんなことはできないと思うかもしれません。

どういうことかというと、自分が今どの立場にいるかによるということです。

まだ就職活動が始まっていない大学生なら、きっと自分が納得できる会社に入るのは、当たり前なことと思うだろうし、もうほとんどの人が就職活動が終わってまだ内定をもらっていない人からしたら、そんなことは言ってられない、内定をくれるならどこでもいいとまで思ってしまうかもしれません。

しかし、後者の方の就活をしてしまうときっと後悔をしてしまいます。

前者の人には、まだ始まっていないからそう思えるだけで、いざ始まって周りの人がどんどん内定が決まっていき自分だけが内定を貰えないとしても初心を忘れずに納得できる会社から内定を貰えるように頑張りましょう。

後者の人はどこでもいいと思ってしまうということは、内定をもらう会社のことをよく知らないということです。

そうなると「この会社自分のやりたいことと違う」、「この会社サービス残業多くない?」なんてことになりかねませんからね(笑)

今はありがたいことに第二新卒という概念があるため、最悪途中で転職するという方法もありますよ。

自分は何に興味がありやりがいを感じるのか知る(大学生が納得できる就活にするためのアドバイス)


%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e3%81%a8%e5%b0%b1%e8%81%b7%e6%b4%bb%e5%8b%95%e3%81%a8%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%81%a8%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%a8%e7%b4%8d%e5%be%97%ef%bc%91
もしかしたら、これを一番上に書くべきかもしれませんね。

どの業種に行きたいのか、なんでその業種に行きたいか明確にすることは、就活生にとってスタートラインですよね。

つまり、大学生が就活をする上で必要不可欠で尚且つコアとなることです。やりがいを何に求めるかは人それぞれであるため、それを見つけるのはなかなか難しいことです。

今までいろいろなことにチャレンジをしたり、様々な経験を積んだ人なら、やりがいは見つけやすいと思います。

そういえば、あれ楽しかったなとか、あれはやってて辛かったけれども、終わった後のありがとうで達成感を存分に感じることができて気持ちがよかったなどいろいろな思い出が出てくるのではないでしょうか。

最後に、著者からのアドバイスとして大学生の時はいろいろな経験をしましょうということです。

できれば、他の誰もしていないだろうとか、経験をしている大学生は少ないだろうことは、更に自分の価値を高めることになると思います。

まとめ


最後までみてくださりありがとうございます。これをみて少しでも、読者の方の参考になれば幸いです。