大学生が休学届を入手するには/国立大学の大学生向け


%e8%b5%b7%e6%a5%ad%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%84%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%94%9f%e4%bc%91%e5%ad%a6%e3%81%ab%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e3%81%93%e3%81%a8%e4%bc%91%e5%ad%a6%e5%b1%8a%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d大学生の休学するとなると、やはりよっぽどの理由がないとしませんよね。つまり、簡単には休学届は入手することはできないのではないかと思ってしまう方が多いのではないかと思います。しかし、実はとっても簡単に休学届を入手することができるのです。もちろん、それは大学によると思いますが。

国立大学では、学生支援センターと同類の施設があると思います。その施設の中に学生課があります。そこで「休学したいので休学届ください。」というと、紙に学籍番号と氏名と休学する理由を書けば、すぐに休学届をもらえます。学生課の人は、意外にもそっけない感じで休学届をくれます。そして、休学届を書く際で注意することや、期限などを説明してくれます。

休学届を提出するには何が必要なの/国立大学の大学生向け


%e8%b5%b7%e6%a5%ad%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%84%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%94%9f%e5%90%91%e3%81%91%e4%bc%91%e5%ad%a6%e3%81%ab%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e4%bc%91%e5%ad%a6%e5%b1%8a%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d上を読んでいただけると、休学届の入手方法が分かったと思います。休学に必要な休学届ですが、書くべきことは意外にも少ないです。もしかしたら、多くの人は、休学する理由を長い文章で書かされる思ったかもしれませんが、そんなことはありません。

書くべきことは以下のものです。

  1. 自分の入学年
  2. 自分の学域または学部
  3. 自分の類または学科または課程
  4. 学籍番号
  5. 氏名(氏名の後ろに印が必要です。)
  6. 現在の住所
  7. 電話番号
  8. いつからいつまで休学をしたいのか
  9. 休学をする理由
  10. 保護者の方氏名(保護者のサインのことです。もちろん、保護者の印も必要です。)
  11. 保護者の方住所
  12. 保護者の方の電話番号
  13. 類長または学科長または課程長の氏名(後ろには長の印が必要です。)
  14. 学生支援担任・助言(指導)教員氏名(後ろには教員の印が必要です。)
  15. 学生支援担任・助言(指導)教員による休学の理由の記述

以上の15点が必要になります。そして、類長または学科長または課程長のサインをもらう時と、学生支援担任・助言(指導)教員のサインをもらう時は面談をしないといけません。面談自体は、自分の場合は10分程度で終わりました。他の大学でも、面接してくれる人によるとは思いますが、10分程度長くても20分程度で終わると思います。

休学届を提出するまでに注意すること/国立大学生向け


%e8%b5%b7%e6%a5%ad%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%84%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e7%94%9f%e3%81%ab%e4%bc%91%e5%ad%a6%e3%81%ab%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e3%81%93%e3%81%a8%e4%bc%91%e5%ad%a6%e5%b1%8a%e3%81%ae%e6%9b%b8[休学届を提出するには何が必要なの/国立大学生向け]の最後でも話をしましたが、2回は面接をしないといけません。面接をしてくれる人は、いつでも時間が空いているというわけではないので、アポイントをとる必要があります。ここで重要になってくるのが、提出期限の2週間前までに提出するということを意識するということです。

なぜ、提出期限の2週間も前に提出できるようにしないといけないのかというと、提出する文書に不備があったときに困らないからです。両親が自分の通っている大学から離れた都道府県に住んでいる場合、郵送して書き足したり、書き直してもらったりしないといけません。これならまだ、いいですが、面接をしてくれる人が出張や海外に論文発表に行ってしまった場合は、結構な時間帰って来ないことは想像できると思います。

ちなみに、提出期限を過ぎてしまうと、前期、後期まるまる休学しようと思っていた人も、その学期分の授業料を払う羽目になりかねないので十分に気を付けましょう。

つまり、なるべく早く面接をしてくれる人とアポイントをメールでと取ってくださいということです。面接をしてくれる人の連絡先は、休学届をもらう時に学生課の人がくれます。もしくれなかった場合は、だれと面接をすればいいのかを聞いて、シラバスで検索してもらうと、面接をしてくれる人のメールアドレスを入手することができます。

もう一つ気を付けないといけないことがあります。学生課で面接をしてくれる人のメールアドレスをもらってもそれが間違っている場合があるということです。そんなことがあるのかと驚くかもしれませんが、実際にありました。

最後に


私立大学の学生向けに休学届の書き方についても後ほど書きますので少々お待ちくださいね。