この記事ではwebサービスを初めて作る方やアイディアを持ってるけど、webサービスってどう作るの?という人へ向けて私が経験したことをもとにお話したいと思います。

 

まずはwebサービスのアイディアから


tumblr_nt8zoaj7b11u60tx6o1_1280

まず何より大事なのことはwebサービスのアイディアですね。今更、FacebookやマイスペースようなSNSを作って儲けてやろうと思う人はいないと思いますが、自分が「ひらめいた!」と思って世の中にはすでに自分のアイディアが形になっていることが多いです。

私がアイディアを考えるときによく行うことは以下のような方法です。

まるで山手線ゲームのようですが、これにより既存のwebサービスを組み合わせるなどしてサービスを発案することができると思います。また、開発途中においても仕様の変更などを考える際にも効果的です。

次にwebサービスをできるだけ多く触ってみる。これも先の方法に似ていますが、結局はアイディアといってもターゲットのユーザー層を決め、どんなことができるwebサービスなのかを決めるだけで1つのアイディアは完成です。どんな機能を持つかはサービスの根幹に関わることなのでできるだけ初期の時期に固めておくべきです。私は色々なwebサービスを使いながら、各サービスの良いところや悪いところを列挙しながら開発した記憶があります。

webサービスを作る技術力は十分であるか?(コーディング編)


2016-02-life-of-pix-free-stock-laptop-desk-plant-objects-leeroy

これはかなり耳が痛い人が多いのではないでしょうか。

しかし、何とかなります!

私はプログラミングほぼ未経験の状態で半年後にはwebサービスをローンチしました。インターンとして大学2回生のときにとあるベンチャー企業に入りました。そのころはデスクトップ画面に「Hello World!」を出すのに精一杯でしたが、現在はSNSを一人で設計からできるまでになりました。

まず基礎一般的なSNSはどんな機能が必須条件なのかをあげてみましょう。

  • 1. 投稿機能がある。
  • 2. ログイン機能がある
  • 3. お気に入り機能がある
  • 4. タグ付け機能やフォロー機能がある
  • 5. 主要なSNSとの連携機能がある(SNSいいね、ログインなど)

これらの機能があるとwebサービスとしては一回りすると思います。扱うプログラミング言語によりますが、これら機能が「どれくらいの期間で実装できるのか?」が一つのポイントかと思います。私はプログラミングど素人でしたが、独学で三ヶ月ほどかかりました。また実際の開発をしているとわかることですが、これらの基本機能についてもユーザーの使いやすさを考えながら実装していくのでより高い技術力が必要です。

どう技術力を身につけるか
主に考えられるのは以下のようなものです。

 

プログラミングスクールに通う。

格安webサービスを利用して学ぶ。

勉強会に出る。

無料のネットサービスを利用する。

 

これらは私が実際に利用し、勉強法ですが具体的に私の経験をお話したいと思います。

まず一ヶ月間にプログラミングスクールに通う。プログラミング界のライザップと呼ばれる『テックキャン○』に通いました。学生だったので、料金は5万円ほどだったと思います。ここではプログラミング素人の方をある程度自学で勉強できるほどに高めてくれるスクールでした。(プログラミングスクールは他にもたくさんあるのでご自身で調べてみてください。)

その後、参考書を購入し、スクールで学んだことを復習しました。スクールで勉強したので、2週間ほどで全ての復習を終えました。ここまでで、プログラミングの基礎的な部分を勉強できます。

その後は以下のようなサイトで勉強しました。

Qiita

qiita

こちらはプログラマーの情報共有サイトで、『ログイン機能を搭載のやり方』などを言語ごとに詳細をユーザーが投稿しており、プログラマーとしては必須のサイトで私も主要な機能はこのサイトを参考にしながら勉強しました。ある機能を実装したいと思った時にはいつも参考にしているサイトです。

teratail

%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99

こちらはプログラマーのための質問サイトでyahoo知恵袋のようなイメージかと思います。先に挙げた、qiitaで得た情報で実際に実装してみてうまくいかなかった時に質問するようなイメージです。

最後に


いかがだったでしょうか?このように初めてのwebサービス開発運営は素人さんでもやる気さえあればできます。いろんなwebサービスを利用して、自分だけの世に役立つwebサービスを生み出してください。