ジョブ型って何?


%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%96%e5%9e%8b%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%97%e5%9e%8b

ジョブ型を、直訳すると仕事の型ということです。実は、ジョブ型とは直訳した通りで職務(ジョブ)や勤務地が限定や指定された雇用契約で結ばれる雇用形態のことです。職務(ジョブ)が限定や指定されているため、スキルの習得が早期でできることが見込まれます。また、同様の理由によってその人がスキルがあるのかないのか、同様の雇用契約を結んでいる人との比較で成り立つため、経営者は判断がしやすいというメリットがあります。

このような雇用形態は、日本ではなかなかみませんが、欧米などではこちらの雇用形態が一般的らしいです。

20代前後の人、それより若い人はわからないかもしれませんが(著者も知りませんが)、鉄道会社の例が分かりやすと思うので鉄道会社の例で具体的に説明します。昔、切符は今みたいに自動改札ではありませんでした。まして、今当たり前に使っているプリペイド型のICカードなんてものもありません。人が立っていて、切符をその駅員さんに渡して切れ目か何かを入れて乗りましたみたいな証拠としていた時代がありました。

もしかしたら、少し昔の映画やドラマで見たことがある人がいるかもしれませんね。ここで疑問の思う人が、いるかもしれません。それは、ジョブ型で採用された人は、職務(ジョブ)や勤務地が限定や指定された雇用契約が結ばれているから、ICカードや自動改札が当たり前の今の時代で、かれらはどうなったのかと。

彼らは、クビということです。雇用契約の関係上仕事がなくなってしまっては、雇用契約が成り立ちませんからね。

メンバーシップ型って何?


%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%96%e5%9e%8b%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%97%e5%9e%8bメンバーシップ型とは、ジョブ型同様に直訳すると、仲間型となります。こちらも、ジョブ型同様に直訳した通りのものになります。会社という組織に入ることによって、その人は自然とその会社の人と仲間になったという解釈です。そのため、ジョブ型と違い、職務(ジョブ)が限定や指定されていないため、様々な仕事を任されることが多々あります。そのため、企画や運営をやりたくて会社に入社したものの、営業の職に回されるということはよくある話です。

このような、雇用形態は日本人の人にはなじみ深いと思います。日本では、新卒採用をするので大学などを卒業した後に、会社に属すメンバーシップ型の採用が主流だからです。

先ほどの、ジョブ型の具体例で出した、鉄道会社でクビになった人は、メンバーシップ型で鉄道会社と雇用関係を結んでいた場合は、クビにはなりません。切符切りという仕事がなくなったので他の、職務に回されます。例えば、運転手や駅の改札員や安全確認に人というようにです。

ジョブ型のメリットとデメリット


%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%96%e5%9e%8b%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%97%e5%9e%8b%ef%bc%92メリット
ジョブ型の仕事は指定されているため、指定された仕事以外の仕事は「その仕事は、私の仕事ではありません。」と従業員が主張することができます。年功序列制などがないため、年齢や性別や出身地にはよらずにスキルのある人は、会社にもよりますが、高い給料をもらえます。また、前にも書きましたが、仕事が指定されているためスキルの早期向上が見込まれます。

デメリット
具体例のところでも書かせていただきましたが、職務(ジョブ)が指定、限定されているため、その仕事がなくなれば解雇されてしまいます。また、基本的な採用方法も欠員補充という考え方があります。そのため、行きたい会社で自分のやりたい仕事で欠員が出ないと就職するのは難しいです。

メンバーシップ型のメリット、デメリット


%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%96%e5%9e%8b%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%97%e5%9e%8b%ef%bc%93メリット
ジョブ型と比べると、何もトレーニングをしていない若者たちに優しい制度です。給料は、年齢を重ねるごとに上がりやすい傾向があります。これには理由があり、ジョブ型と違い、自分の仕事が明確に定められていないのが原因です。自分の仕事が明確ではないということは、その人がどのくらいの力や能力があるのかを判断で機内ため、勤続年数で判断してしまうためです。また、基本的に解雇ということはないです。

デメリット
一回メンバーシップ型で就職できなかった人や、退職してしまった人には厳しい制度です。また、今までの時代と違い、会社が今までのように終身雇用をしてくれるほど企業に体力がなくなってきていることを考えると、年功序列制度で高い賃金を払わないといけない年配者の方にも厳しい制度になるのではないでしょうか。

最後に


今回の言葉は知っていた人が少なかったのではないでしょうか。ジョブ型とメンバーシップ型について詳しく学べる本があるのでもしよかったら読んでみてくださいね。

若者と労働 「入社」の仕組みから解きほぐす (中公新書ラクレ)

新品価格
¥950から
(2016/10/21 15:08時点)